NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

マクラメ編みトレーニングの再開

フィリピンでは現在も一日2.000人を超えるコロナ感染者が出ています。

そんな中、マリナオ村の人たちは、今年感染防止のため休止していたアバカ・マクラメ編みのトレーニングを再開しました。


t-2

フィリピンでも5人以上の集まりが禁止されていますが、政府の指導に従って、トレーニングは少人数のグループに分かれて行い、向かい合わせに座ることを避けて座り、ベテラン技術者が一人ずつ指導しています。

トレーニングを受講した人には、アバカ生産者組合より認定書を手渡しています。


t-1


t-3

マリナオ村のあるアクラン州のカリボ空港は今も閉鎖され、また外国人向けで有名なリゾート地ボラカイも閉鎖されています。


t-4


マリナオ村から商品を日本に送るだけでなく、マニラへ送ることすらができませんが、いつか自分たちが作ったアバカ・マクラメ編み商品が、日本の人たちに喜んで購入してもらえる日を楽しみにトレーニングに励んでいます。

t-5

マリナオ村から商品を日本に送るだけでなく、マニラへ送ることすらできませんが、いつか自分たちが作ったアバカ・マクラメ編み商品が、日本の人たちに喜んで購入してもらえる日を楽しみにトレーニングに励んでいます。


t-6

以上

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

minorukasai51

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog