NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

「マクラメ編み」とは?

フィリピンマリナオ村で育まれて、素敵なアバカクラフトを生み出している「マクラメ編み」とは、どのような技術でしょう?(英語macrame:(訳)格子柄)


_MG_3683

何本かの細紐や糸などを手で結び、幾何学的な模様をつくる手芸の一種です。

8世紀ごろアラビアを中心に発展し、15世紀ごろスペイン、イタリアに世界各地に伝えられました。ヨーロッパでは、おもに寺院の装飾、僧服、婦人服の房飾りなどに使われてきました。


DSC_1982

フィリピンでも、15世紀ごろからマクラメ編みが使われるようになりましたが、綿に比べ細く、固いアバカの繊維はマクラメ編みに適していないため、あまり素材としては使われてきませんでした。

 

そんな中で、マリナオ村では、生活に馴染んできていたアバカとマクラメ編みが、独自の融合を果たし、マリナオ風マクラメ編みが生み出されました。


2DSC_2105

村では、アバカの繊維でハンディクラフトを作ることにより、少ない畑作収入を補う副業として、代々親から子へその技術が伝承され発展してきました。


DSC_1836

NPO法人フェア・プラス
事務局長 河西 実


Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

minorukasai51

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog