NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

京都造形芸術大学とのフィリピン・フェアトレード・ツアー

1112日~17日、京都造形芸術大学の学生、教職員のメンバーの人たちと、フェアトレード・スタディツアーでフィリピンを訪問しました。



学生たちは、今年の春から自分たちが思い描いてきた商品のデザイン画の作成を、出発の前の晩まで熱心に作業。到着後も、学生4人のうち、3人が初めての海外ということもあって、見るもの聞くもの全てに興奮。



最初に訪問したアバカ商品のデザイン開発と輸出を専門的に行っているNGOCCAPでは、代表初めデザイナーやプロジェクトマネージャーがミーティングに参加。学生たちの英語によるプレゼンを熱心に聞き、デザイナー同士の貴重な意見交換を行うことができました。




DSC01902
【フィリピンのNGOのスタッフと熱い議論を】

次に訪問したパナイ島マリナオ町でも、地元の人たち
30人以上が集まり大歓迎!伝統工芸であるアバカ製のサンダルやバックなどを並べ説明して下さり、また伝統的技術の体験をさせて下さったりと、終始熱気に包まれた交流を行うことができました。



DSC01657
【暖かく迎えてくれた農村の人たちと記念写真を】

DSC01963


DSC01976


翌日は、マリナオ町庁舎で、副町長の挨拶の元、学生たちが地元の人たちにプレゼンを行い、どんなデザインが日本で好まれるかなどの説明。プレゼンの後は、学生たちのところに大勢の人たちが集まり、説明したデザインの商品をどうやったら作れるかなどの意見交流を行い、想いが通じれば、言葉ではないということを実感した次第です。


DSC02049
【マリナオ町の副町長】


DSC02039


DSC02051

その後、山村を訪問し、アバカの木から繊維を採取する見学・体験させてもらい、天然資源アバカから製品が作られるまでの過程を体験することができ、充実した旅になったと思います。

DSC02084


今回のツアーでは、どこへ行ってもフィリピンの人たちが温かく迎えて下さり、日比両者で協力してプロジェクトを進めていくことを確認することができ、学生たちは「頑張って魅力的なデザインを作るぞ!」と、熱い想いを抱いて帰国した次第です。



NPO法人フェア・プラス

事務局長 河西 実





 


 


 



 



 


 

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

minorukasai51

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog