NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

2015年9月5日 第3回ツキイチカフェのご報告

  • 2015年09月15日

201595日(土)第3回ツキイチカフェをセレクトシップ和望店主 吐山信子さん(フリーライター)をゲストに迎えて、「フェア・プラスの想いを伝える」をテーマにお話をお聞きしました。

以下、カフェでのお話を纏めましたのでご覧下さい。フェアトレードを志す人たちにとって非常に貴重なお話をお聞きすることができました。

なお、3:30-15:50のツキイチカフェ終了後にオプションツアーで和望さんを訪問・見学し、引き続きお話を伺い、解散した時は、18時を回っておりました。

 

 

ボランティア、NGO/NPOとの出会い

30年前、出版編集プロダクションを経営する友人に求められるままにライターになった。その友人が大阪ボランティア協会の研修に参加し、企業の文化活動やゴミ拾いといった社会貢献だけでなく、「本業を活かした社会貢献」という提案に感動して帰り、企業の社会貢献をテーマにした国内初の雑誌を発行することになった。振り返ると、そうした経験の中で、「本業を活かした社会活動をするのは自然なこと」と思うようになった。


IMG_2604

フェアトレードとの出会い

妹の友人にアジアを旅するのが好きなご夫妻がいた。タイの田舎のゆったりと時が流れる暮らしに感動する一方で、そこにある貧しさにも触れた。折から世界各地で貧困からの売春などが問題となっていた。ご夫妻は繰り返し訪れて親しくなったタイ、チェンマイの女性たちの助けになればと、自宅の一部をお店にして彼女たちの手織り製品、手工芸品の販売を始められた。約30年前のこと。フェアトレードと言われていなかったが、まさにフェアトレードだと思っていた。現在ご夫妻はタイはもとよりラオス、ミャンマーなどにも活動の場を広げておられる。

 

観光地とフェアトレード

2013年秋、京都で店をやらないかという話が舞い込む。ガラスシェード会社経営の友人の協力を得て、大阪・天満切子のベテラン職人さんの製品などが扱えることに。旧知の間柄の河西さんのフェアトレード製品のコーナーも設けたいと。京都・清水寺の近くに2014年4月、和望(WABOU)をオープン。観光地の特徴通り一見さんが多いので固定客をつくりにくいというデメリットが、考え方次第で品揃えを頻繁に変えなくても飽きられないというメリットと捉えている。従って案外、スピーディーな新製品開発が難しいフェアトレードの販売に向いている立地といえるかもしれない。

 

フェア・プラスの思いをどこまでお客様にお伝えできているか

オープン当初はできる限りパンフレットを渡し、フェアトレードについて説明していたが、詳しくやりすぎると引かれることも。だんだんお客様の興味の度合いを見て、自らチラシなどを手にした方には詳しく話したり、商品を気に入ってレジに持って来られた方には商品の背景をサラッと伝えようにしたり、ケースバイケースでやっている。フェアトレード以外の商品も同様で、お客様との距離感がやっとつかめてきた。


IMG_2595

 ライターと和望に共通するもの

取材も接客もコミュニケーションがポイント。「コミュニケーションは受け手が完成させる」と思っているので、自分本意に陥ることのないようにと心がけている。また、ライターになったのも和望を始めることになったもの、自らの意思でないところは、まさに行き当たりばったり。ずいぶんエエ加減な人生ですが、行き当たりばったりを笑って歓迎できる柔軟さをチャレンジ精神のなせる技かも(笑)

 

 

参加者からの感想・質問抜粋

・行き当たりばったりと言いながらも出会いやネットワークを大切にされているのが印象 的

・商品を仕入れる基準は?

 和望の3人が気に行ったものを置いている。

 フェアトレード製品に関わらず和望の店づくりに合った魅力を感じない商品は扱いたくない。

 フェアトレードも作り手が、自分も買いたい、友人にプレゼントしたいと思えるものであるか、疑問符の付くものも見受けられる。義理で取り扱いを始めても長続きしないと思う。


IMG_2609

 フェアトレードも仕入れ条件が取り扱いの一つのポイント。

 フェアトレードも一般商品と同様に、販売店に用途・目的や売り方などを提案してほしいし、それができる製品を提供してもらいたい。

 フェアトレードの従事者は「伝える」こと、製品の由来を説明することがミッションだと言うが、それ以前により多くの方が使いたい、欲しいと思うものでなければ、一部のミッション理解者寄りの製品の域から脱しないだろうし、広がらないのでは。

 フェアトレードも誰に買ってもらうのか、どんな場所で売りたいのか、「出口」を考えてつくるべき段階にあるのではないか。

 フェアトレードと言わなくても訴求力のある商品が増え、また、それらがフェアトレード専門店以外の多様な店で販売できればいいのでは。商品化とともに販路の拡大も重要なのではないだろうか。

 和望は、フェアトレードのみならずすべての商品の背景を大切に販売していきたいと思っている。


IMG_2613

NPO法人フェア・プラス
ツキイチカフェ担当スタッフ

  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 21:46 | Edit

〔10/12京都造形芸大共催シンポジウム〕Bingさん来日!(生産者と消費者のニーズを満たすフェアトレードとは?)

  • 2015年09月10日

天然素材「アバカ(俗称マニラ麻)」を伝統技法「マクラメ編み」を用いてクラフト製品を生産する、フィリピン・マリナオ村の生産者団体の代表Bingさんが来日します!

Bingさんをスペシャルゲストとして迎え、フェア・プラスと京都造形芸術大学は共催してシンポジウムを開催します。スペシャルゲストからアバカ商品を通じた村の暮らしについてお話を聞き、フィリピンの生産者も日本の消費者も満足する「これからのフェアトレード」について考えます。ふるってご参加下さい。

 

フェア・プラス・京都造形芸術大学共催「公開シンポジウム」

プログラム

1部:「アバカ」、「マクラメ編み」、「台風被災からの復興」について

2部:パネルディスカッション「生産者と消費者のニーズを満たすフェアトレードとは?」

  (フィリピン生産者代表と京都造形芸大の先生、学生が、デザインを通じた今後のフェアトレードのあり方について話し合います。)

日時:20151012日(祝) 13:10 – 14:30

会場:京都造形芸術大学人間館3階 NA301教室

(住所:京都市左京区北白川瓜生山2-176

定員:100名(参加費無料、事前申込不要)

問い合わせ先:NPO法人フェア・プラス(075-525-6400info@fairplus.org


DSC_1820

Bingさん(本名Ms. V. Javier) profile

6人の子供を育てつつ、マリナオ村役場で働き、経済委員会役員も務めています。子供時代に母親からアバカサンダルの作り方を学び、2012年村人の生活向上のためアバカクラフト生産者組合を立ち上げました。

 

Bingさんが暮らすマリナオ村

「澄んだ豊かな水」が語源のマリナオは、フィリピン中部の緑豊かな山村。村人は優しく朗らかで、少ない農作物収入をアバカ商品作りで補っています。2013年の巨大台風で村は大きな被害を受けましたが、アバカ商品作りの再開により生活再建を果たしました。

 

アバカとマリナオ村の暮らし

アバカはバナナに似た葉を持つ植物。幹の繊維は軽く強靭で、魚網などに使われています。村周辺のアバカは、透明感があり品のある白さが特徴。村人たちはアバカを大切に育て、繊細で美しい「マクラメ編み」という技法を親から子へと受け継いでいます。

【関西地域NGO助成プログラム(関西NGO協議会・真如苑共催)助成事業】

 

 

  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 11:47 | Edit

〔ツキイチカフェスペシャル〕フィリピン・マリナオ村Bingさん来日記念!

  • 2015年09月06日

天然素材「アバカ(俗称マニラ麻)」を伝統技法「マクラメ編み」を用いてクラフト製品を生産する、フィリピン・マリナオ村の生産者団体の代表Bingさんが来日します!

これを記念して1011日ツキイチカフェスペシャルを開催します。スペシャルゲストからアバカやマリナオ村の魅力をお聞きして、参加者と交流を図ります。日本のデザイナーも参加して、新たなアバカ商品開発について話し合います。



Bingさん来日記念」ツキイチカフェスペシャル



プログラム

1部:「アバカ」、「マクラメ編み」、「村の暮らし」を丸ごと知ろう!

2部:アバカ商品のこれまでとこれから

  (プロのデザイナーとともに、今後のアバカフェアトレード商品の開発について話し合います。)

日時:20151011日(日) 13:00 – 16:00

会場:東山いきいき市民活動センター 302会議室

(住所:京都市東山区巽町442-9

定員:30名(事前申込)

参加費:社会人500円、学生300円(オーガニックコーヒー、アバカコースター代を含む)

申込先:NPO法人フェア・プラス(075-525-0064info@fairplus.org



Bingさん(本名Ms. V. Javier) profile

6人の子供を育てつつ、マリナオ村役場で働き、経済委員会役員も務めています。子供時代に母親からアバカサンダルの作り方を学び、2012年村人の生活向上のためアバカクラフト生産者組合を立ち上げました。



Bingさんが暮らすマリナオ村

「澄んだ豊かな水」が語源のマリナオは、フィリピン中部の緑豊かな山村。村人は優しく朗らかで、少ない農作物収入をアバカ商品作りで補っています。2013年の巨大台風で村は大きな被害を受けましたが、アバカ商品作りの再開により生活再建を果たしました。



アバカとマリナオ村の暮らし

アバカはバナナに似た葉を持つ植物。幹の繊維は軽く強靭で、魚網などに使われています。村周辺のアバカは、透明感があり品のある白さが特徴。村人たちはアバカを大切に育て、繊細で美しい「マクラメ編み」という技法を親から子へと受け継いでいます。
詳しくは以下をご覧下さい。

http://fairplus.doorblog.jp/archives/45149460.html
http://fairplus.doorblog.jp/archives/45104794.html

【関西地域
NGO助成プログラム(関西NGO協議会・真如苑共催)助成事業】

みなさんのご参加をお待ちします!


NPO法人フェア・プラス
事務局長 河西 実


 


 ツキイチカフェ 表

ツキイチカフェ 裏


 


 


 


 


 


 

  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 13:17 | Edit

第3回ツキイチカフェ「フェア・プラスの想いを伝える」

  • 2015年09月05日

95日、第3回ツキイチカフェを、セレクトショップ和望の店主吐山信子さんをゲストに迎えて開催しました。


フリーライターを務めてこられた吐山さんが昨年春清水坂にオープンされた和望で、フェアトレードであるフェア・プラスの商品を観光客に販売されてきました。


当初こちらの想い押し付けて、お客さんに引かれてしまったこと。「行き当たりばったり」で生きてきたとお話されましたが、状況を自然体で冷静に見つめこられたのではないかと思われること。「コミュニケーションは受け手が完成される」など示唆に富んだお話をお聞きしました。


IMG_2604

 

カフェ終了後は、吐山さんの案内でオリジナリティ溢れる和望を訪問し、引き続き時間を忘れてお話をお聞きし、見学しました。


IMG_2614

今回の参加者はフェアトレードに関心のある若い人たちが多く、商品を販売する和望さんから見たフェアトレードについて熱心に聞いて、学びが多かったようです。


NPO法人フェア・プラス
事務局長 河西 実

  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • TB(0)
  • 22:12 | Edit
プロフィール

minorukasai51

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog