NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

第30回ツキイチカフェ「フェアトレード商品は理解してくれる人だげが買ってくれればいい?」

  • 2018年01月16日

114日開催のツキイチカフェは、フェア・プラスの河西実(事務局長)が「フェアトレード商品は理解してくれる人だげが買ってくれればいい?」をテーマに、フェア・プラスが取り組むフェアトレードについてお話をさせて頂きました。


CIMG2766 (2)

長年商社に勤務し多くの国に出張した河西は、途上国の貧しい人たちの暮らしが大企業の貿易取引だけでは改善されないこと目の当たりにしました。

一方で、フェアトレードに取り組むNGOスタッフから「途上国の貧しい農村の人たちは学校へ行っていないから、品質の高いものは作れなくても仕方ない」、「フェアトレード商品は、正当な対価を生産者に支払うので、価格が高くなるのはやむを得ない」などの発言があり、また企業の担当者からは「フェアトレードは価格が高くて品質が悪い」との厳しい批判がありました。

矛盾を感じた河西は、フェアトレード事業を立ち上げるにあたり、途上国の天然素材を使い、農村の伝統技術を生かした製品を、プロのデザイナーの協力により日本の一般市場で評価される商品にしていくことを目指しました。それがフィリピン・マリナオ村で生産するアバカ・マクラメ編み商品です。


CIMG2768 (3)

当初は村で作られたサンダルなどの日用品をイベントで販売しましたが、その後高品質な商品開発を目指し、プロのデザイナーの協力によりクラッチバッグなどの着物文化にマッチした商品を開発百貨店での販売も実現しました。

2017年には着物の京都一加と提携しアバカ名古屋帯、巾着などを共同開発し、ファッション雑誌でも紹介される高付加価値商品を安定して生産するようになりました。これら高付加価値の商品を生産するマリナオ村の高い技術を持った生産者は安定した収入の向上が図れるようになりました。


CIMG2769 (2)

更に伝統のマクラメ編み技法を維持・発展し、より多くの村の人たちが付加価値の高い商品を製作し生活の安定が図れるよう、フェア・プラスは村でのマクラメ編みトレーニングを支援し、村の人たちのため共同作業所の建設も行いました。

一方で、豊かな森の自然を守りつつアバカ繊維の自給自足を実現するため、自然保護に配慮した形でのアバカの植林を支援し、村の周辺の豊かな自然を守ってほしいとの想いを実現する取り組みも進めています。


フェアトレードの意義

フェアトレードの理念である自立支援を達成するため、フェア・プラスの依存することなくフィリピン国内の百貨店や欧米への輸出を生産者団体が自ら行えるよう、マーケティング力等も身に着ける支援も始めていることを、河西から説明しました。

また日本国内でもフェア・プラスの取り組みが、他のNGO団体への先駆的事例となることを願って、今後も取り組みを進めていくことを考えていることを説明しました。

 

参加者からは、「フェアトレード」が本当に途上国の生産者の生活向上に貢献しているのだろうか、偽善ぽく聞こえてしまっていたなどもやもやした気持ちを持っていたが、フェア・プラスの活動を知って、すっきりしましたなどのコメントを頂くことができました。


CIMG2773


NPO法人フェア・プラス

事務局長 河西 実


2月17日開催第31回ツキイチカフェ「子どもたちと共に、身近な森の生きものたちから学ぶ」

  • 2017年12月24日

テーマ「子どもたちと共に、身近な森の生きものたちから学ぶ」

 

フィールドソサイエティーは、法然院森のセンターを拠点に環境学習を行っている市民グループです。1985年に「法然院森の教室」、1989年に「森の子クラブ」が始まり、1993年には森のセンターの開設が実現しました。センターでは、森にまつわるギャラリー展示や「里山文庫」の開架も行っています。拠点を得て、2003年からは森の手入れである「観察の森づくり」も活動内容に加わりました。

「お寺と市民の二人三脚」の環境学習活動で学べたことから、身近な森の大切さなどについて皆さんと共に考えたいと思います。〔久山 慶子〕

フェアトレード・コーヒーを飲みながら、ゲストのお話をお聞きして、みんなで会話を楽しみましょう。どうぞ気軽にご参加下さい。


森のセンター活動風景

ゲスト:久山 慶子(フィールドソサイエティー 事務局長)

法然院森の教室世話人、森の子クラブ活動リーダー、フィールドソサイエティー事務局長として、環境学習と法然院森のセンターの運営に携わる。幼稚園や保育園の研修会講師なども担当、京都府立林業大学校客員教授。


プロフィール写真(久山慶子)

日時:217日(土)14001600

会場: 東山いきいき市民活動センター 和室

605-0018 京都市東山区巽町442-9

定 員:20

参加費: 社会人800円、学生・会員500

    (フェアトレード・コーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)

申込:Tel/FAX: 075-525-0064

Mail:  info@fairplus.org 

 

次回以降の予定

318日(日)  ゲスト:別府 一樹(認定NPO法人トゥギャザー 事務局長)

415日(日)  ゲスト:松榮 秀士(PaKTパクト - 作るを学び成長する環境 代表)

 

 

以上

第4回 フェアトレード・コーヒーNEWS(2つの生産者組織が晴れて「農業協同組合 」となりました!)

  • 2017年12月19日

2つの生産者組織が晴れて「農業協同組合 」となりました!

 

 今回はとても嬉しいニュースをお届けします。フェア・プラスが支援している2つのコーヒー生産者組織が、フィリピンの法律に基づいて、11月、正式に農業協同組合となりました。

名称









 当事業では、「コーヒー生産に関わる組織によって持続可能な生産・加工・販売が行われ、対象地域の環境が保全される」という上位目標を掲げていますが、この目標を実現する望ましい成果のひとつに「ベンゲット州のコーヒー生産者組織が、フィリピン法による「農業協同組合Cooperative」として登録されるようになる」ことを想定しています。もちろん、生産者の皆さんにとっても組合登録は大きな目標のひとつです。税制上の優遇措置も受けられるようになり、生産者の皆さんに還元されるメリットは少なくありません。フェア・プラスとしては、組合登録を励みとして、これからの生産活動がより活発になることを期待しています。

事業目標

------------------------------------------------------------

1.当事業の上位目標と成果の関係。上位目標が達成されることで得られる具体的な成果として、3つを想定しています。
------------------------------------------------------------

 組合登録については、9月から具体的な準備を始めました。組織強化のための講習会を企画、組合登録を管轄する組合開発公社(Cooperative Development Authority)による講習会も実施し、最終的には3ヶ月という短い期間で登録を実現できました。法律に基づく手続きというのは、通常とても時間がかかります。特に、フィリピンは、何事にも時間がかかるのが当たり前の社会。当事者でさえものんびりとしているお国柄ですが、生産者の皆さんの熱心な活動により、滞りなく手続きを進めることができました。

DSC_1974

DSC_2044

------------------------------------------------------------

23.サグパット農業組合の皆さん(上)とダユコン農業組合の皆さん(下)
------------------------------------------------------------

 登録手続きにあたっては、現地でコーディーネーターを務めるジュニファーさんが活躍してくれました。また、組合開発公社の担当者であるエリックさんの協力も大きな支えとなりました。多くの人との協働により、具体的な成果を上げることができ、スタッフ一同とても嬉しく思っています。

DSC_1879

IMG_2729

------------------------------------------------------------

45.事業担当者のジュニファーさん(上)と組合開発公社のエリックさん(下)。煩雑な諸手続きを根気強くサポートしてくれました。
------------------------------------------------------------

 

リンク

地球環境基金https://www.erca.go.jp/jfge/

コーディリエラ・グリーン・ネットワークhttps://cordigreen.jimdo.com

フェアトレード・ラベル・ジャパンhttp://www.fairtrade-jp.org/about_us/

国際フェアトレード英語)]https://www.fairtrade.net




livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog