NPO法人フェアプラス 事務局長Blog

9月1日開催第37回ツキイチカフェ「平和への一歩~ウガンダの元子ども兵から教わったこと~」

  • 2018年07月19日

テーマ:平和への一歩~ウガンダの元子ども兵から教わったこと~

 

2001年から地雷や子ども兵の課題に取り組むテラ・ルネッサンス。今回の講演では、20188月の現地視察の様子も交えながら、ウガンダの最新情報をお伝えし、子ども兵社会復帰支援の状況や、平和な社会のために日本にいる私たちができることを紹介していきます。

日本にも課題があるのに、国際協力って何? なんで子ども兵の課題に取り組むの?

日本にいてできることはあるの? NGO職員ってお金もらえるの?

活動だけでなく、プライベートの話まで皆さんのあらゆる疑問を解決できる時間にできたらと思います。〔栗田 佳典〕

フェアトレード・コーヒーを飲みながら、ゲストのお話をお聞きして、みんなで会話を楽しみましょう。どうぞ気軽にご参加下さい。


第37回ツキイチカフェ活動写真

ゲスト:栗田 佳典(認定NPO法人テラ・ルネッサンス 

アウェアネス・レイジングチーム マネージャー)

1986年、静岡県生まれ。大学在学中に世界の貧困問題に強い関心を持ち、テラ・ルネッサンスへインターンシップ生として参加後、職員となる。各所での講演や行政、教育機関との協働も手掛けている。


栗田さんポートレート

日時:91日(土)14001600

会場: 東山いきいき市民活動センター1階 和室

605-0018 京都市東山区巽町442-9

定 員:20

参加費: 社会人800円、学生・会員500

    (フェアトレード・コーヒー、アバカ手編みコースター(初回参加者)、ブランドカードセット代を含む)

申込:Tel/FAX: 075-525-0064

Mail:  info@fairplus.org 

 

次回以降の予定

1028日(日) ツキイチカフェスペシャル:フィリピン・マリナオ村訪問報告会

ゲスト:金 サジ(写真家)、井澤 葉子(ジュエリー・アーチスト)

以上

  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • 15:04 | Edit

第36回ツキイチカフェ「竹を採算の取れる事業にして日本中の竹林を美しくしよう!」

  • 2018年07月12日

78日開催の第36回ツキイチカフェは、曽我 千代子さん(NPO法人加茂女〔かもめ〕理事長)をゲストに迎えて、「竹を採算の取れる事業にして日本中の竹林を美しくしよう!」をテーマに開催しました。


CIMG3883

曽我さんが活動を始めたきっかけは35年前公民館の井戸端会議で何か社会の役に立つことをしようとグループ(後のNPO法人加茂女)で、アルミ缶の回収を始めたことでした。
その時、曽我さんが先頭にたってアルミ缶の回収を始め、缶を販売した収入を施設に寄付していったそうです。活動を始めると協力してくれる人が集まってきた、活動の勢いを増しました。

曽我さんたちは、次に地域の大きな課題である竹林整備に取り組みました。
京都山城地域は筍の名産地でしたが、そのころ中国産の竹の輸入が増加して誰も竹を使わなくなる、竹林が荒れる、産業廃棄物が竹林に不法投棄され更に荒れるという悪循環に入っていました。

CIMG3884 (2)

NPO法人加茂女」と法人化したグループは、チェーンソーを購入して本格的な活動を始め、活動に協力しようとリタイヤした男性や竹に詳しい人たちが集まってきたそうです。

加茂女は、当初竹の茶碗など工芸品作りを始め、さらに「竹を食べて放置竹林を無くす」を合言葉に、「筍お焼き」など竹と筍の食品加工に取り組んでいきました。
「筍お焼き」は「ふるさと加工食品コンクール」で最優秀賞を受賞するなど、先駆的な取り組みとして高く評価されたそうです。


CIMG3886

さらに、補助金を得て機材を購入、保健所より食品安全の許可を取得し、協力して下さる方の家を活動拠点として、本格的な食品加工に取り組んでいきました。

しかし、事業を採算に乗せることは中々難しく、お借りしていた家からも出ざるを得なくなったため、曽我さんは自ら家を一軒購入したそうです。

その家で、食品加工を行うとともに、現在カフェをオープン、ランチの提供も始め積極的な取り組みを進めていっています。

また、親子連れに竹林へ遊びに来てもらいたいと、ボランティアの人たちが竹を使ったブランコや物見台を作る。チッパーを購入して竹のチップを作り、燃やして竹炭作りや、竹チップを活用したトイレも開発、畑の肥料にする取り組みも展開しています。

 

今回のツキイチカフェの参加者には何らかの形で竹にかかわっている方が多く、いろいろな意見が出されました。プラスティックは環境に悪く、竹は自然に優しい。竹の活用方法を考えても遠方では輸送にかなりのコストがかかるため、地元で生かす地産地消型ビジネスにしないと採算が取れない。竹の関係は手仕事の部分が多いため大量生産が難しく、付加価値の高いものを考えていく必要があるなど、多くの意見が交わされました。

CIMG3889

最後に曽我さんから、20世紀は科学で発展してきたが、それが行き詰っている。21世紀は自然回帰の時代、成長の早い竹はその主役となる可能性を秘めていると、竹への想いを語られ終わりました。

 

以上


  • Posted by minorukasai51
  • Comment(1)
  • 12:02 | Edit

第35回ツキイチカフェ「行こう!“もうひとつの旅”へ。新しい出会いのチャンスだ!」

  • 2018年06月12日

69日開催の第35回ツキイチカフェは、山田 和生さん(㈱マイチケット 代表取締役会長)をゲストに迎えて、「行こう!“もうひとつの旅”へ。新しい出会いのチャンスだ!」をテーマに開催しました。

 

最初に山田さんからは、参加者みなさんの関心の高いスタディツアーについて、多くあるツアーの違いについて話がされました。参加を考える学生から、多くのスタディツアーにどのような違いがあって、どのツアーを選んだらよいか分からないとの声が聞かれます。多種多様のスタディツアーの中で、現実的には予算(地域)による理由が大きいですが、ツアーの内容(体育会系か文化系か)と参加動機(自分を変えたいのか、社会を変えたいのか)を縦軸横軸で考えていくとよい、ツアーによってかなり違いがありますと説明されました。

NGO側のツアーを企画する動機が社会を変えたいとの想いからが大きいが、参加者は自分を変えたい、とにかく行ってみたいという人が多いという違いがあり、ミスマッチが生じています。NGOがツアーの内容を濃いものにしようと頑張れば頑張るほど、参加者へのハードルが高くなってしまっています。ツアーについての情報はネットで取れますが、参加者がどのツアーに参加するか決定する理由は口コミによるところが多いですと、興味深い現状について山田さんから話がされました。

CIMG3877


山田さんは20代の時に、パレスチナ難民キャンプを訪問したそうです。その経験から1982年に26歳の時にマイチケットを設立されました。設立時の最初のツアーは内戦地ニカラグアへの人民支援ツアーだったそうです。

当時はHISなどが設立され安価なツアーが花盛りの時代でしたが、 “深海魚的”スタートを切ったマイチケットは、“ガラパゴス的”進化を遂げ、オルタナティブツアーを専門に扱って行ったそうです。

スタディツアー等には、常に病気や事故のリスクがあり、危機管理の問題への対応が非常に重要で、NGO、大学などツアーを企画する人たちには大きなニーズがありました。マイチケットは10年以上にわたり多くの現場での対応から蓄積してきた経験に基づき、ツアーを企画する人たちのニーズに専門的に答えて、協力してきました。

ツアー中に事故があった場合に備え、24時間体制で対応できるようにする必要がありますが、大学ではそのような体制を取っているとことはほとんどありません。マイチケットは、旅行中の責任を旅行代理店として取っています。事故対応のシミュレーションを行い、リスクについて考える、セーフトラベルセミナーも開催してきたそうです。


CIMG3878 (2)


マイチケットのオフィスの隣に立てられた、CASA de UME(カサ・デ・ウメ)と呼ばれる建物は、設立時のスタッフ故梅村尚久さんを記念して、「若き日に抱いた志を、次の世代に手渡したい」という熱い思いから建てられました。CASA de UMEには、インターネットスタジオ、NGOの説明会場、ランチも自炊できるキッチンのある部屋、カヌーを置いているガレージ、バーベキューなどもあるそうです。

CASA de UMEの目的はシンプルで、人と人とが向き合うことができる「場」となること、少数者や弱者の視点から人の生き方や社会のありようを問い直す「場」となることですと、熱い想いを語られる山田さんでした。



CIMG3881 (2)

ゲストと参加者との交流でも、安全管理は大切だがそれが過ぎると学びが少なくなってしまう、障がい者や高齢者が参加するツアーには学びが多い、NGOのツアーを企画する動機など、いつもと違った視点での幅広い話もされ、参加者のみなさんは真剣な面持ちで山田さんの話を聞いていました。

 

NPO法人フェア・プラス

 



  • Posted by minorukasai51
  • Comment(0)
  • 16:14 | Edit
プロフィール

minorukasai51

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
NPO法人フェアプラス 事務局長Blog